コミュニケーションツールについて

暑い日が続きますね。
あついといえば、先日のメンターLT(ライトニングトーク)も、負けず劣らずの熱さでした。

ただ、メンターの皆さんの話に出ていたものの、業界用語でピンときにくい単語が、
いくつか出ていた気がしたので、軽くここで補足します。
主に、コミュニケーションツールについてです。

slack

slack 、スラックです。
多分、エンジニア界隈では、今一番使われているコミュニケーションツールかと思います。
例えると、エンジニア界のLINEでしょうか。
基本的には、「チャンネル」と呼ばれているグループ単位で、
情報やファイルのやり取り、共有を行います。
難点?としては、インターフェイスが全て英語である点。
とはいえ、ざっと使うだけなら、問題ないかと思います。

使い方は、以下のサイトなどが参考になるかと思います。

http://kai-you.hatenablog.com/entry/2014/08/11/154324

チャットワーク

チャットワークも最近よく聞きます。
名前の通り、チャットが出来るツールですが、
ファイルの共有や、タスク管理なども可能です。
グループウェア色が強い気がします。
とはいえ、開発・運営も日本の会社ということもあり、
日本語で使いやすいかと思います。

Backlog

Backlog バックログは、もとはプロジェクト管理ツールです。
バグの管理やグループウェアとしても使われたりもします。
だんだんバージョンアップして、git との連携機能なども、実装されています。
グループでAさんは○日までこれをして、Bさんは○にちまでにこれをして、
といった、ワークフロー管理が得意だったりします。
自分も WordCamp Tokyo 2012 の運営チームで使ってました。
こちらも開発元のヌーラボは福岡の会社で、日本語対応はばっちりです。

GitHub

みんな大好き、GitHub (ギットハブ、ジットハブ)。
ソースコードのホスティングサイトですが、ソーシャルネットワーク機能もあるため、
エンジニアの交流に使われたりもします。
GitHub やその基になっている Git については、近々勉強会? を企画しています。

あとは、、、何かあったっけ。
facebook グループや、facebook メッセンジャー、メールや、Skype など、
コミュニケーションツールはたくさん出てきているので、
なかなか使いこなすのも難しいところですが、まずは試してみて、
自分が使いやすいものを使ってみる、というのが良いかと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中